img01

活動概要

活動分野

子ども、青少年、教育・学習支援、地域・まちづくり、文化・芸術の振興、環境・エコロジー、国際協力、国際交流、科学技術の振興、就労支援・労働問題、観光、食・産業、漁業、林業、行政への改策提言、学術研究(工学)

設立以来の主な活動実績

【2000年~2002年】
釣、ボート、ダイビングなど、海の好きな有志が欧米を視察し、アメリカにあったいくつかの海洋訓練教育団体や施設を訪問する中で、日本に「世界平和海洋訓練教育協会」を立ち上げる。
【2002年3月~】
会員募集やセミナー、講演会を開催すると共に、実体験を兼ねたフィッシングツアーを宮古島から北海道まで日本全国において行う。更にアラスカ、ニューヨーク、ボストン、マイアミなどアメリカ東部、ハワイ、南米ブラジル等の海外においても行う。
【2006年~】
アメリカ等で長年に亘り、この種の活動を続けていたメンバーを加えて更に活動を本格化させる。
【2010年~】
アメリカNPO法人「世界平和海洋訓練教育協会」所属の海洋学校の校長である佐藤智子が会長に就任し、特定非営利活動法人の申請に向けての準備に入る。2011年6月14日に内閣府大臣官房長より特定非営利活動法人の設立認証される。

団体の目的
(定款に記載された目的)

この法人は、日本における各界各層の海洋に関心を持たれる方々に対して、海洋訓練教育に関する事業を行う。海洋訓練による青少年の精神鍛錬と倫理道徳観の 育成を行う。日本が海洋に関する科学技術を世界に先駆けて率先して開拓することにより人類の恒久繁栄に貢献する。海洋資源による世界の飢餓問題の解決援 助、海洋資源による人類の繁栄を目指し、具体的に地域住民の生活向上に寄与することを目的とする。

団体の活動・業務
(事業活動の概要)

(1)特定非営利活動に係る事業
・青少年の海洋訓練教育、ボート建造、ボート操縦、釣り人養成、ダイバー養成、コン ピュー    ター基本操縦、魚の養殖技術、マリーナ経営、海での安全、シーマンシップ、海洋環境全、    海洋趣味生活に関する研究開発、海洋資源開 発等、海洋訓練教育全般を通した職業訓練校と
しての事業
・日本及び世界各国における釣ツアー及びトーナメントの開催
・海祭りなどのイベント及び海洋趣味セミナーなど各種セミナー、講演会
の開催
・海洋趣味生活に関する研究開発、及び海洋資源研究開発事業
・海の環境保全、海洋生物の保護に関する研究開発事業
・海洋技術を通じた開発途上国の人々に対する援助及び訓練教育活動
・機関紙等の発行及び本の出版事業
(2)その他の事業
・上記以外の海洋研究事業
・ボート、釣り具、養殖技術等の販売事業
・魚流通事業

現在特に力を入れていること

海洋訓練校・海洋大学建設に力を投入。
ボート建造、ボート操縦、釣り人養成、ダイバー養成、コンピューター基本操縦、魚の養殖技術、マリーナ経営、海での安全、シーマンシップ、海洋環境保全、海洋趣味生活に関する研究開発、海洋資源開発等、海洋訓練教育全般を通した職業訓練校としての事業。

今後の活動の方向性・ビジョン

大都市部に住む青少年、勤労青年達に、海洋という壮大な自然に触れる機会を多く与える。特に、生命がそこから誕生した海洋で、ボートの操船、フィッシン グ、ダイビング等、海での教育現場を提供する。それによって「人間らしい人間性をもつ青少年」「海を通してグローバルな視野をもつ青少年」「海洋最先端技 術開拓により人類社会へ貢献する青少年」を育成することを目指したい。
その実績の上に、日本の主要都市に、世界と結んだ、世界最高の海洋大学を建設してゆく。

定期刊行物

「海洋都市研究会」 年2回