世界平和海洋訓練教育協会のビジョン

 大都市部に住む青少年、勤労青年達に、海洋という壮大な自然に触れる機会を多く与えます。特に、生命がそこから誕生した海洋で、ボートの操船、フィッシング、ダイビング等、海での教育現場を提供します。それによって「人間らしい人間性をもつ青少年」「海を通してグローバルな視野をもつ青少年」「海洋最先端技術開拓により人類社会へ貢献する青少年」を育成することを目指していきたい。  その実績の上に、日本の主要都市に、世界と結んだ、世界最高の海洋大学を建設していきます。

世界平和海洋訓練教育に込めた想い

「世界平和」

 私たちが生まれる前から、世界のどの国の歴史を見ても、常に、より良い世界、理想郷を目指してきました。それを実現するために、どれほど多くの血と汗と涙が流れたことでしょう。今のこの瞬間にも、私たちの知らないところで、罪のない多くの命が亡くなっていることを忘れてはなりません。先進国である日本においても、多くの若者が自ら、命を絶っています。その反対に地球の裏側では、生きたいと望んでも生きれない子供達もたくさんにいます。このような問題をどのように解決していったらよいのでしょうか。混沌とした時代の流れの中で、心ある人々は、将来を導くことができる「新たな考え」を望んでいます。

 私たち世界平和海洋訓練教育協会は、このような問題を解決できる鍵は、海にあると提示しています。また、その海によって将来の未来を担う若者たちを訓練し、世界のさまざまな問題を解決できる人財の育成に力を入れています。

beach-2179624_1920.jpg
.png

         「海洋」

 この海洋という言葉からには、たくさんの学びや意味を得ることができます。海には、「」ともあるように、母親のような存在で、海という文字は、「私たちが毎日訪ねるべき母親のふところのようなところ」という意味もあります。海に出てみると、まさに、私たちを深く慰労し激励し、いつも新鮮な刺激を与えられるということを実感します。デコボコであったはずの海面は、一瞬のうちに、高いところから低いところへ、波で覆って平準化をしていきます。海には、私たちの父母のような性質や精神をたくさん持っているのです。

 そして、誰しも自分の生命をはるかに超えたの存在を実感し、生かされているという感謝の心をもつようになります。また、謙虚な心を持つことができ、驕慢には、なれません。故に、私たちは、海の本質は「ために生きること」だと考えます。

 

「訓練教育」

 私たちは、海は、教室だと考えています。とても広い教室です。まず、海に出るためには、船が必要です。私たちが使用しているボートは、オフショア・ファミリー・フィッシングボートといい「家族で沖合いに出かけて釣りをするボート」です。このボートは、魚釣りを楽しむためだけではなく、青少年が健全に育ち、社会に貢献できるきっかけを与えるための訓練ボートでもあります。その育成のため第一歩として、海の実体験を通して青少年自身が心を変える場を提供します。

 ボートに乗ると、船板一枚に命を託して、波立つ大海原に乗りだします。そのとき、誰しも、自然に心の中で手を合わせ、ご加護を祈ります。海を通して大自然の大きな営みの中で生かされていること悟り、私たち人間はどこから来たのかなどの根本について考えさせられます。海での生活を行い、海に学びます。海は「海洋精神」を教えてくれるのです。この「海洋精神」を体恤することによって「ために生きること」を悟り、体現化することができます。

.png

© 2018

Theme by Anders NorenUp ↑